「SNS」で「リア充」に見える人は、実は本当は「リア充」じゃない

という議論があるけれども。

なんだか、それも違う気がする。


こういう議論の底にある問題点は、多分、こうだ。


その論者自身が、

「自分は『リア充』じゃない(のではないか)」

と、どこか悩んでいる。


これだと思う。

だから、SNSで「リア充」に見える人に勝手に「劣等感」を感じて、あーだ、こーだ、言いたくなるのだと思う。


まあ、これはSNSに限ったことじゃないだろうけど。

SNSをやっていない自分自身、そういうことが多々あるので(笑)


振り返ってみれば、「リア充」な時には、他の誰かがそうであるかどうかなんて気にも留めない。


ともあれ、SNSをやめれば、「劣等感」を持つ機会そのものが少なくなる。

人の様子が、わざわざ、いちいち、知らされてこないからね。


だから、みんな、辞めてみればいいのに(笑)

結構、ラクよw


大丈夫。

寂しさには、慣れます。

ゆーすけの音楽活動情報

なるべくなら、ラクして生きていきたいね。極力。

0コメント

  • 1000 / 1000