西野七瀬ちゃんて、

かわいいすね。


家にテレビがないので、旅行して宿泊先にあると、ついつい見てしまいます。


なんか、相変わらずきれっきれのくりぃむの上田さんと、髭で渋さマシマシの藤木直人くんと、セックスアピール満点の森泉ちゃんの番組。おしゃれ何とか?

卓球のなんか世界ランキングの子がゲストで、その子がアイドル好きとのこと。

んで、その子が好きなその子がさらにゲストで登場。


びっくりしたね。

びっくりしたので、ブログに書いてしまいました。

アイドルにハマる人々の気持ちがちょっとだけわかりました。

なるほど、確かに、めっちゃかわいい。


かわいいけどね。

女の魅力ってのは、また別の話なんだな、お嬢ちゃん。


おじちゃんとしては、まだ君より森泉ちゃんのほうがグッとくるんだよ。


端っこに座っていて、基本黙っていて、なんか適当に当たり障りのない相槌をたま~に打つだけでお仕事が成り立っちゃう彼女の方が、ね。


ああ、勘違いしないよーに。

別に森泉ちゃんをディスっているわけではありません。

逆です。彼女の「美」に、最大限の敬意を表しています。

彼女はその「美」だけで、そこに居てギャラをもらっているんですから。


いい女は、居るだけでいいんです。
映っているだけでいい。

なんもせんで、いい。
いや別に、なんかしてもいいけど、たとえなんもせんでも十分、居るだけでいい。


こういうこと言うと、必ずクソ野暮な批判をする人がいますね。

「女性差別だ!」とか「女を馬鹿にしてんのか!」とか。


そういうのは、やめましょうね。


アツいフェミニストの方にはすみませんが、別に悪気なくただ単に、そう思うだけです。

いいでしょ、別にw


それに、きれいでいるために、彼女がスタジオの外で沢山努力をしているであろうことは、僕だって容易に想像がつきますから。

なので上記の僕の森和泉ちゃんへの評価を、単に「額面通り」に受け取られると困ります。



ともあれ、音楽の話にぶつけると、こうなります。


オプマとかライブとかで、男子ミュージシャンのモチベーションを規定する最も強力な因子、それは、『かわいい、ないしきれいな女子が一人でもそこに存在しているか否か』。


うん、間違いない。

これは実感として、動かしがたい事実だ。


って、書いている矢先に、嫌な仕事メールが。。。

きた。。。死ねばいいのに。。。

明日、対応しよ。。。

「臭いものには蓋をする」主義なので、寝ます。


んじゃま!

ゆーすけの音楽活動情報

なるべくなら、ラクして生きていきたいね。極力。

0コメント

  • 1000 / 1000